事務職員のエッセイ

2020年04月15日
負けてない

STAY HOMEが合言葉になっている今、仕事ができずショッピングができず仲間と会えず旅行も行けず、普段の何倍にも家事は増え、相当にストレスが溜まってきている人が多いと思う。
世間にはいろいろな意見があふれているけれど、なんだかんだ言っても結局のところ、その道の専門家を信じて任せるしかない。専門家でない私としては、体調を崩さず感染しないよう最大限に注意し、わが身を削って最前線で戦ってくれている人たちに少しでも負荷がかからないようにするしかないのだ。
たったひとつのできること。家に居ろ?
OK、OK。まったく苦にならない。仕事があるからしょうがなくメイクして着替えて外出しているが、よんどころない事情がなければ朝から晩までパジャマのまま永遠にまったりできる私にはおちゃのこさいさいである。家にいるだけで誰かの役に立つなんて、インドア派最強。

~インドア派おすすめの過ごし方~

まずは、部屋の掃除をしよう
時間ができたら片付けよう断捨離しなきゃ、そう思っていましたよね?今こそその時です。せっせと掃除しましょう。もし古い写真や本が出てきたら手を止めてゆっくりしていいんです。時間はたっぷりあります。キッチンやお風呂場のしつこい汚れもお忘れなく。

ごはんを作ろう
部屋がすっきりしたら、次はお腹を満たしましょう。
お気に入りのレストランに行けないなら作っちゃえばいいのです。
幸いなことにスーパーは営業しています。休まず働いてくれる店員さんに感謝しつつ、混む時間を避けてすばやく食材を仕入れましょう。料理が苦手でも大丈夫。具材と調味料を耐熱ボウルに入れてレンジでチンするだけ、というレシピがネットにはあふれています。
もちろん手の込んだ料理を作るチャンスでもあります。何時間も煮込んだカレーなんて最高じゃないでしょうか。家族みんなで餃子を包んでも楽しいし、お惣菜の作り置きをしておけば時間に余裕が生まれますね。考えただけでお腹が減ってきました。

映画をみよう
自作のおつまみとお酒を片手に映画を観ましょう。録りためていたビデオも消化しましょう。時間無制限。寝落ちも有りです。夢のようですな。

運動しよう
健康維持のための散歩は推奨されています。できるだけ人気の少ないところを選んで、体を動かしましょう。家の中でならラジオ体操がおすすめです。真面目にやると意外とキツいんですよこれが。家族がじっとしていたら声をかけてみんなでやりましょう。動くことで塞いだ気分が晴れますように。

勉強しよう
知識を深めて仕事の幅を広げましょう。資格を取るチャンスでもあります。時間さえあればできるのに、と思っていましたよね。その有り余るエネルギーを今こそ活かしましょう。教養を深める読書もおすすめです。これからの人生が豊かになるように。

趣味をひろげよう
勉強が一息ついたら趣味に没頭してください。誰にも邪魔されず思う存分励んでください。最高傑作の発表をお待ちしております。

ゆっくりしよう
いろいろやることに疲れたら、いったんゆっくりしましょう。
不安でじっとしていられないかもしれませんが、一度深呼吸しましょう。
また前の生活が戻ってきたとき、全力で臨めるよう今は力を蓄えましょう。

よく利用するショッピングサイトからおすすめ商品のメールが頻繁に届きます。毎回文頭にキャッチコピーがついているのですが、たいていは「この春おすすめ!」とか「気になるコート特集!」という感じです。さもありなん。あまりサイトに飛ぼうと思いません。ところが昨日のメールは違いました。
「リモート映え間違いなし!」
んん??なんだって?どういう意味か気になってメールのリンクを開いてみました。
「リモートワーク映え、間違いなし!顔色明るく、WEB会議におすすめトップス!」
みんなの外出の機会が減れば当然服の売り上げは落ちる。しかしただ指をくわえて業績不振を嘆いているわけにはいかない。どうやって服を売ろうか。在宅勤務中のWEB会議といえば、上半身が映るわけです。そうだ!インスタ映えならぬWEB会議映えを狙え!ということですな。ここに商機を見いだしましたか。おそれいりました。
実店舗の閉鎖でネットショップの活用が盛んになり、飲食店はテイクアウトや宅配に力をいれ、ウィルス対策関連で人手不足の企業は解雇された人の再雇用をし、みんななんとしても生き残ろうと奮闘している。
このウィルスは恐ろしくしたたかでしぶといらしいが、人類も、全然負けていないと思う。

気まぐれシェフ