弁護士 片井 輝夫

弁護士 梅本 弘
弁護士になって35年以上が経過しました。一般民事事件はもとより、倒産法、知的所有権、医療過誤、刑事事件、家事事件、行政事件、労働事件、会社法事件、宗教事件など、渉外事件を除くほぼすべての分野の事件を扱った経験があります。刑事事件でも二度無罪を勝ち取っています。中小企業経営者の方々の中には、経営問題、担保や保証関係の問題、会社法関係の問題、後継者にかかわる相続問題、合併問題などが複雑に絡み合った法律問題を抱えていることが多くあります。このような場合に、問題解決につながる法律的スキームを立案したりするには、広範囲な実務経験が必要になります。こんなときこそが、私の出番だと思っています。

  • 法律情報
  • エッセイ

経歴

1949年生まれ
1971年3月 早稲田大学第1法学部卒業
1973年10月 司法試験合格
1974年4月 司法修習生(第28期)
1976年4月 弁護士登録、中安法律事務所に勤務
1981年4月 梅本弘弁護士と栄光綜合法律事務所の前身である「梅本・片井法律事務所」を開設
2003年1月 法人化し、「弁護士法人栄光」を設立、代表社員に就任

主な取扱分野

・一般民事事件(不動産、商取引、債権回収、不法行為、相続、借地借家など)
・倒産法事件(会社更生法、民事再生法による企業の再建や、破産などによる清算的整理など)
・交通事故事件(損害賠償請求訴訟、示談交渉など)
・刑事事件
・宗教関係事件

役職等

・大阪地裁・大阪簡裁 調停委員

所属団体

・法曹稲門会
・錦耀会

著書・論文

・「弁護士活用法」(商事法務研究会)共著
・「市民生活の法律相談」(三省堂)共著
・「法律上の地位の前提たる宗教上の地位と裁判所の審判権」(判例タイムズ 829号)
・「各種協同組合における経費賦課と有限責任についての原則」・「ある窃盗えん罪事例の報告」・「ある民事再生事例の報告」(以上栄光双書)

趣味・余暇

散策、読書